「SEMパフェ」初イベント!18年8月29日『みんなでSEMの議論をした後に”夜パフェ”を食べに行く会』を開催しました

SEMパフェのアイキャッチ イベント
スポンサーリンク

先日「SEMパフェ」の初イベント『みんなでSEMの議論をした後に”夜パフェ”を食べに行く会』を開催しました。

元々は「最近話題の”夜パフェ”を食べに行こう」がメインのイベントだったので、まぁ3~4人集まればいいかなと思っていたのですが、なんと”11人”もの参加者が集まる会となりました。

参加いただいた方が熱い人ばかりで、第1部での「SEMの議論」が盛り上がった会となりました。

そこで「SEMパフェ」のイベントはどんな内容だったのかご紹介します。

スポンサーリンク

「みんなでSEMの議論をした後に”夜パフェ”を食べに行く会」とは

簡単に言うと、『リスティング広告の仕事に携わる人たちが集まってワイワイとお喋りした後に、最近話題の「夜パフェ」でも食べに行こうよ』という、ゆるい感じで発起したイベントです。

もっと言うと、『「SEMカフェ」っていつも満席で参加できないから、「SEMパフェ」を勝手にやっちゃおうぜ』という悪ノリから始まっています。

「みんなでSEMの議論をした後に”夜パフェ”を食べに行く会」の詳しい概要については、以下の告知ページをご確認ください。

2018年8月29日(水) みんなでSEMの議論をした後に”夜パフェ”を食べに行く会
リスティング広告の運用者が集まって、困っていることや相談したいことを、皆でワチャワチャと話し合う会です。2次会は”夜パフェ”を食べに行くよ。
スポンサーリンク

「みんなでSEMの議論をした後に”夜パフェ”を食べに行く会」第1部の様子

「SEMパフェ」の主催者は”謎のフリーランス”ですので、そんなに人は集まらないだろうと思っていたのですが、想定していた以上に参加者が集まりました。

「SEMカフェ」の勉強会と間違えて応募してしまった人がいるのではないかと心配していましたが、それ大丈夫でした。

定員8名に対して、なんと11名の方にご参加いただきました

  • リスティング広告代理店のマネージャーの方
  • インハウス(自社内)で広告を運用されている方
  • 新卒で広告運用歴がまだ1年の方
  • 代理店にリスティングを任せている事業者の方
  • webツールのベンダー会社の方
  • リスティング運用者から別の職業に転職された方
  • 「SEMカフェ」を主宰されているGoogle広告トップコントリビューターの方

などなど、立場やリスティング広告歴も様々な方にお集まりいただきました。

感謝です。

でも「SEMパフェ」から残念なお知らせが…なんと第2部の”夜パフェ”が…

今回のイベントのメイン「第2部:夜パフェを食べに行こう!」

イベント開催前までのイメージはこんな感じでした。

ただ、事前に渋谷の「夜パフェ」のお店をロケハンをしてきたのですが、超人気店のため店内は激混み。

お店の方に聞いたところ、20:00以降の事前予約はNGで、22:00ぐらいになると入店するまでに1時間ほど待つとのこと。。。

そこで残念ながら「夜パフェ」は諦めることとなりました。。。

「SEMパフェ」の”パフェ”とはいったい…

「夜パフェ」が気になる方は、ぜひお店に行ってみてください。

夜パフェ専門店|株式会社GAKU
リゾット専門店リゾッテリア ガクと夜パフェ専門店を運営する、株式会社GAKUのコーポレートサイトです。札幌と東京を中心に、飲食事業の展開とコンサルティングを行っています。
スポンサーリンク

SEM(リスティング広告)の議論テーマはこんな感じに

応募者の方からは事前に議論してみたいテーマをお聞きしていました。

まとめたものがこちらです。

SEMパフェの議題

青が「代理店側」と「事業者側(インハウス運用者)」から共通して出てきたテーマ、ピンクが「事業者側(インハウス運用者)」の方から出てきたテーマ、緑が「代理店側」から出てきたテーマです。

まずは「代理店側」と「事業者側(インハウス運用者)」とで共通するテーマからピックアップして、議論を進めていきました。

スポンサーリンク

テーマ1:リスティング広告の情報ってどうやって集めてる?

まず出てきた声が「リスティング広告代理店の運用ブログ」でした。

参考にしているブログとして多く声が出たものは「アナグラム」さんのブログでした。

アナグラムのブログ|アナグラム株式会社
【運用型広告コンサルティング専門】アナグラム株式会社のブログページです。リスティング広告やアクセス解析の最新情報をご紹介します。

ただ「リスティング ブログ」で検索すると、法人・個人を問わず様々なリスティング広告のノウハウを書いたブログが表示されるので『書かれている内容が信頼できるかどうかはちゃんと判断しなきゃダメだよね』という意見も出ました。

記事の信頼度を考えると、やはりGoogle広告のコミュニティや、Yahooの公式ブログもチェックした方がいいよねと。

Google 広告公式コミュニティで質問しましょう
Google 広告に関する質問を投稿して、一般ユーザー同士で問題解決や情報共有ができるコミュニティです。Google 広告サポートへのお問い合わせでは得ることのできない、運用に関する細かなヒントなども得ることができます。
Yahoo!プロモーション広告 公式 ラーニングポータル
Yahoo!プロモーション広告の運用に必要な知識が学べるサイトです。スポンサードサーチ、YDN、Twitter広告に初めてチャレンジする方が知っておきたい広告運用ノウハウや、注目の新機能、広告審査の事例等を紹介しています。

また、最新の情報が書かれた記事をまとめてチェックする方法として、最も役立つ情報元が「運営堂」さんのメルマガという声も出ました。

【毎日堂】運営堂メルマガ登録フォーム
運営堂メルマガ(毎日堂)について 無料です 月~金の毎朝7時に配信です 2013年5月に開始、2016年7月に800回突破、2017年4月に1000回突破 登録件数は約2,100(2017年10月現在) 運営堂が人力で集めた情報を9つのジャ

私もメルマガ購読してますが、リスティング広告の記事だけではなく「SEO」や「アナリティクス」など、様々なジャンルのオススメ記事が毎日届くと、ほんとに凄いメルマガです。

あと『Twitterで情報収集』という声も多かったです。

Twitterは情報収集だけじゃなく、例えば『○○○の設定ってどうやるんだっけ?』と質問をつぶやけば、親切な人が教えてくれるという凄いツールです。

ただ個人的には、あくまでもツイートを見つけた暇な方が善意で答えてくれているだけなので、特定の人にいきなり質問する行為は控えて欲しいですね。

こんな感じで「情報の集め方」の議論は終了。

スポンサーリンク

テーマ2:リスティング広告(Google広告)の自動入札ってどうよ?

最近はなにかと話題に出る「広告運用の自動化」についてです。

今回は時間の都合上、「Google広告」に限定して議論を進めました。深い意味はないです、ハイ。

案件によってバラバラという前提ですが、全体の8割ぐらいの方が「自動入札を活用している」という傾向でした。

ただ、自動入札を活用するのにもコツが必要との意見もあり、それぞれの方が持っている「上手く自動入札を使うコツ」を共有しました。

※自動入札の「コツ」の部分はあえて書きません。イベント参加者だけが知った情報ということで。

これは「ファシリテーター(最近覚えた言葉)」である私のミスリードですね。

ちょっとマニアックな話題に話を進めすぎてしまいました。

個人的には凄く面白かったですけど、深掘りしすぎて経験の浅い方や事業者側の方を置いてきぼりにしてしまい、まだまだ私の司会進行力に課題がありますね。

これ何かわかります?「伸びしろ」ですね。

スポンサーリンク

テーマ3:「指名キーワード」って広告出稿ってほんとに必要?

ちょっと代理店側よりの議題に進んでしまったので、事業者側から出ていた「指名キーワード(社名やサービス名のキーワード)って広告を出した方がいいの?」という議題に話を進めました。

指名キーワードで広告を「出すor出さない」でいうと、「出した方が良い」という意見が多かったです。

ただ、指名キーワードの特性(どんな特性かは秘密)を考えて「あえて出していないです」という意見もあり、『なるほど~』といった感じです。

あとは、「指名キーワードと一般キーワードを有効に使うためのアカウント構成」の話を、ホワイトボードを使って色々と議論したりといった内容でした。

※アカウント構成の詳細もあえて書きません。イベント参加者への特権です。

スポンサーリンク

テーマ4:運用代理店の良し悪しを見分けるポイントは?

色々と意見は出ましたが『代理店の運用担当者が、どれだけアカウントの状況を把握しているか』がポイントとして上げられました。

今は広告運用の自動化も進んでいるので、昔のように「運用者が管理画面をずっとチェックする」という必要性は少なくなりましたが、とはいえ『「主軸キーワードのクリック単価」や「デバイスごとの配信状況」あたりは、クライアント様から質問されても直ぐに答えられる運用者が理想だよね』という声も。

そこで議論になったのが「運用担当と営業担当の役」と「1人の運用者が担当する案件数」の話です。

「営業担当」と「広告運用担当者」は分かれてる?それとも兼任してる?

代理店側として参加している方の約8割は「営業と運用を兼任している」という環境でした。

私個人としては、運用者の立場でいうと「兼任」の方が良いのかなと感じることが多いですが、参加者からは『組織変更なので運用担当者が変わることもある。営業担当(フロント)が別にいることでクライアント様に安心感を与えるというメリットもある』との意見も。

「営業と運用が分かれていた方が良いか?」それとも「兼任が良いか?」は、どちらにもメリット・デメリットはあるので、やはりケースバイケースですね。

1人の広告運用者が担当する案件数ってどれぐらい?

1人あたりの担当案件数は、以前にTwitterアンケートを使って調べたことがあります。

Twitterアンケートでは「5件以下」と「20件以上」の二極化でした。

「SEMパフェ」の議論は、『お客さんに担当案件数を聞かれると少なめに答えることが多い』という意見や、逆に『自動化も進んで手間をかける必要もなくなったので、多くの運用案件数でもパフォーマンスを保ってる(100件まで行ける!)』という意見もありました。

やはり『代理店は「少数のアカウントに絞る代理店」と「多数のアカウントを運用する代理店」に二極化しそう』という意見が多かったです。

「SEMパフェの人」の余談

この会では話しませんでしたが、フリーランスでリスティング広告の仕事をやってて、お客さんから聞かれて答えに迷う質問が、『今は何件ほど運用してますか?』です。

知名度がある会社なら、例えば『1件しか担当していませんのでm御社に注力できます!』と答えた方が喜ばれるんでしょうけど、フリーランスだと『え?1件だけ?生活は大丈夫?』って言われそうで、最適解がなかなか見つからない感じです。

まぁ『普通の生活ができる程度の案件数です』という、良くわからない回答で濁してます。

スポンサーリンク

テーマ5:「インハウス運用」ってどうよ?

最後に「リスティング広告のインハウス運用化(自社で運用する)は今後どうなると思う?」というテーマで議論しました。

ちなみに、この会の参加者の約4割は「インハウス運用者」でした。

ザックリと今後の予想について皆さんに聞いてみると、「インハウス化の流れは進む」と考えている方が大半でした。

ただ「インハウス化が上手くいくかどうか」は別の話で、そこに対しては色々と意見が出てきました。

ほんとに色々と意見が出てきましたが、これもまた詳細は書きません。参加者のみの特典です。

ただ「SEMパフェ」を開催したちょうど次の日に、「運用型広告のインハウス化」についての記事が掲載されていました。

「運用型広告のインハウス化」の現在 〜広告主が直面する5つの課題と、これから。 | AdMarkeTech.(アドマーケテック)
「インハウス化」の背景 現在は、デジタル広告市場の大半を Google と Facebook の2社が担う、複占(Duopoly)の時代です。どちらもセルフサービス型での出稿が基本になっており、膨大なユーザーデータと機械学習の恩恵を十分に受けられるプラットフォームになっていま...

「SEMパフェ」で話した内容も、この記事の内容に近い感じのものでした。

自分自身、経歴が

・「事業者マーケター(広告運用はなし)」

・「リスティング広告の運用代理店」

・「事業者マーケター(インハウス運用あり)」

・「リスティング広告のフリーランス」(今)

とやってきていて、「運用型広告のインハウス化」について感じたことかあるので、また機会があれば色々と書こうかと。

スポンサーリンク

盛り上がるなか第1部の討論会が終了!第2部(飲み会)に移動

こんな感じで20時~22時まで、討論会を行っていました。

話がなかかな盛り上がり、最初は「部屋が寒い」と言われて空調を26度(風は弱)にしていたのですが、最後は「部屋が暑い」と空調を20度(風は強)にまで下げました。

まだまだ話足りない感じで、予定が空いているほとんどの方が2次会に参加しました。

2次会の様子を書くのは面倒なので、これから先は参加者のツイートを埋め込みます。

こんな感じでした。

さらに時間に余裕がある人のみ、3次会に行きました。

スポンサーリンク

「SEMパフェ」に参加された皆様からの感想

参加者の感想ツイートです。

絶賛の嵐ですね。[PR]

スポンサーリンク

「SEMパフェ」今後のイベントや勉強会の開催について

リスティング広告のフリーランスをやってて、まだまだ暇な時間の方が多いので、またそのうち開催しようかと思います。

ただ「リスティング運用者が集まる飲み会」だけだと面白くないので、やっぱり1部では何かしらのテーマで「議論する会」をやりたいですね。

今回は初めての開催だったので「フリーテーマ」にしましたが、次は最初からテーマを絞った形にしようかと考えています。

テーマの候補はこんなところですかね。

やるかもしれないテーマ1:SEM従事者の働き方について議論する会

これは自分が「代理店」「事業者(インハウス担当者)」「フリーランス」と経験しているので、それなりに仕切れるかなというテーマです。

『リスティング広告代理店から事業者(インハウス担当者)に転職したい人』
『これからリスティング広告代理店で働いてみたいと思う人』
『もうリスティング広告の仕事から別の業種に移りたい人』
『リスティング広告の仕事でフリーランスとして独立したい人』

こんな感じの人たちを集めてワチャワチャと議論って感じですかね。

やるかもしれないテーマ2:代理店と広告主がコミュニケーションの取り方について議論する会

これもちょっと興味があるテーマです。

リプレイス案件の相談を受けて、アカウントの内容や数値を見させてもらうんですけど、別に数字が悪いわけじゃないし変な運用をしている訳じゃない。

でも広告主は「今の代理店は全然ダメ!」ということが多々あります。

リプレイスしたい理由を詳しく話を聞くと「報告会やレポートで言っていることの意味が分からない(横文字ばかり)」「うちの事業のことを分かっていない」「担当者が頼りない」とか。

なので、リスティング広告の「数値」ではなくて「コミュニケーション」について、代理店の人が半分、事業者の人が半分みたいな形でガチ討論会をやりたいです。

(ただ、これで人が集まるかは謎)

やるかもしれないテーマ3:リスティング広告の「提出レポート」ってどこまで必要なのか議論する会

テーマ2に近いですが「提出レポートってどこまで必要ですか?」っていう議論をしてみたいです。

Googleデータスタジオの使い方の話ではなく、それ以前に

『この数値は見なきゃダメ』
『この数値は見る必要はないでしょ』
『というか閲覧用アカウントを開示してくれよ』

的な話をする会です。

イベントのタイトルを「もう代理店に騙されない!本当は教えたくない報告レポートの正しい読み取り方」みたいな感じにすれば、事業者側は集まってくれそう。

やるかもしれないテーマ4:「自動入札」の成功事例や失敗事例を持ち合って活用方法を議論する会

今回の「SEMパフェ」で最も議論が長かったテーマが自動入札の話でした。

最近はリスティング広告関連の本でも「自動入札」にフォーカスしたものが多くなってきたので、「我こそは自動入札の王」という人たちが集まって、ひたすら自動入札についてトークする会です。

「Google広告のスマート自動入札しか信じない」とかはNGです。

やるかもしれないテーマ5:SEM従事者が本気で1から「パフェ」を作る会

名称が「SEMパフェ」なので、一度ぐらいはパフェに関するイベントをやりたいですね。

↓こんな感じのキッチンスペースをレンタルして。

ロッポンギフラット レンタルスペース | インスタベース
六本木駅から徒歩1分のロッポンギフラット レンタルスペースの情報をチェック!五反田エリアの貸し会議室を1時間3,000円から予約が可能で、ボードゲームなどの用途におすすめのスペースです。口コミや室内外の写真、地図や設備など詳しい情報を豊富に掲載しています!

まぁ、オッサンが集まってパフェ作ってどうするんだという感じですが。

スポンサーリンク

まとめ

会社員時代に「自社セミナー」とかを主催していたので、準備することなど大まかには分かっていましたが、やっぱりそれでも大変でしたね。

参加費を「1,500円(税込)」にしていたため、お釣りの準備もしていたのですが、みんなちゃんと500円を用意してくれたので、財布の小銭入れがパンパンになりました。

500円と100円の写真

参加者が多そうだったら「1000円」に、少なかったら「2000円」という、懐かしの”グルーポン形式”にするかもしれません。まぁ面倒なのでしないけど。

また近いうちに2回目を開催すると思いますので、暇な方はご参加ください。

この記事を書いた人
SEMパフェの人

ひっそりとリスティング広告の仕事をしているフリーランス。「リスティング広告 フリーランス」で検索すると、だいたい上の方に出てきます。SEMよりもパフェが好き。パフェよりも酒が好き。酒よりも猫が好き。

SEMパフェの人をフォローする
イベント
スポンサーリンク
SEMパフェの人をフォローする
SEMパフェ