Twitterの投票機能でリスティング広告運用者の状況を調べてみた

ブログ
スポンサーリンク

Twitterやってるリスティング広告の運用者って多いですよね。

私もリスティング広告の情報を収集するツールとしてTwitterを活用しています。

また最近では、Twitterを見ていると「アンケートが増えたな」と思うことないですか?

例えば

なんてアンケートを見てしまうと、ついつい答えてしまったり。

Twitter上でアンケートが取れる「投票機能」は、実際に使ってみると意外と便利な機能です。

このTwitterの「投票機能」を使って、リスティング広告運用者にアンケートを取ってみた結果を紹介します。

スポンサーリンク

Twitterの「投票機能」は便利な機能

Twitterのタイムラインに流れるアンケートは「答えることはあっても、投稿したことは無い」とうい人も多いのではないでしょうか。

このアンケートを取る「投票機能」は、『投票を追加』のボタンをクリックするだけで、誰でも簡単に行うことが可能です。

1:ツイート画面から『投票を追加』をクリック
Twitterアンケート01

 

2:アンケートのお題と選択肢(4つまで)、回答期限を設定してツイート
Twitterアンケート02

2ステップで、こんな感じのアンケートが簡単に作成できます。

Twitterの「投票機能」は色々と便利な点があります。

ポイント1:マーケティング・リサーチが無料で実施できる

個人アカウントも企業アカウントでも、マーケティング・リサーチとしてTwitterの投票機能を活用しています。

有名な事例では、「ZOZOマリンスタジアム」のメインロゴに関するアンケート。

また、最近では「警視庁」が実施しているアンケートも見つけました。

一般的にアンケートを実施するには、アンケート専門サイトやクラウドソーシングなどを活用して、「1回答につき〇〇円」と費用をかけるケースも多いですが、Twittwrなら無料で実施することかできます。

アンケートの活用事例はTwitter公式ページ「Twitter投票機能の活用事例」でも紹介されています。

投票機能の活用事例
投票機能の活用事例

ポイント2:ツイートへの反響が大きい

フォロワーが少ないTwitterだと、ツイートをしても「いいね」などの反響は少ないものです。

しかし「投票機能」でアンケートを追加すると反響が多くなります。

よくTwitterのタイムラインでも「ゆる募:〇〇できる人いますか?」みたいなツイートを見かけますが、これもちょっとアンケート機能を追加するだけで、リプライやDMなどの反響も変わってきます。

ポイント3:ブログ記事の作成に役立つ

この記事でも実施してますが、Twitterのアンケートは記事の中に埋め込むことができます。

ちょっとしたブログ記事を書くときに、「〇〇〇についてアンケートを取ってみました」とTwitterのアンケートを実施しておくと、コンテンツを作りやすくなります。

・最近〇〇〇で困ることないですか?

・Twitterで〇〇〇についてアンケートを取ってみました。

・やはり〇〇〇で困っている人は多いようですね。

・今回は〇〇〇を解決する方法を紹介します。

的な流れのやつですね。

私もブログ記事を作るときはTwitterでアンケートを取って、コンテンツの充実(文字数のかさ増し?)を行っています!

スポンサーリンク

リスティング広告の運用者にアンケートを取ってみた

Twitterの投票機能を使って、リスティング広告の運用者に対して、3つのアンケートを取ってみました。

アンケート1:リスティング運用者の所属先は?

まずは、リスティング広告運用者がどんな組織(職場)に所属しているのか、アンケートを取ってみました。

リスティング広告を運用されている方へ。あなたの所属はどれですか?

1:Yahoo認定パートナーの広告代理店※シルバー以上
2:↑以外の代理店、又はSEM専業ではないweb系会社
3:フリーランス(小規模事業者)
4:広告主・事業者(インハウス運用者)

ちなみに私の場合は、

・Yahoo認定パートナーの代理店:3年ほど在籍

・事業主側(インハウス運用者):2年ほど在籍

・フリーランス:現在

といった感じです。

我ながら「SEM代理店」⇒「事業者(インハウス・リスティング)」⇒「リスティング広告のフリーランス」の順番での移り変わりは、なかなか珍しいのかなと思います。

Twitterアンケート結果はコチラ↓

予想していたよりも『インハウス運用者が多いなぁ』という印象です。

私が「SEM代理店」⇒「事業者(インハウス運用者)」への転職活動をしていた頃は、そこまで「リスティング広告運用の経験者募集」というインハウス・リスティング系の求人は多くなかったですね。

でも今はIndeedで「リスティング広告 インハウス」で求人検索をすると、150件以上もヒットします。

実際、私の案件の3~4割は「自社でリスティング広告を運用したい」という相談です。

まぁリスティング広告はAI化が進んでいて、昔ほど人間の手間をかける必要がなくなってきています。(逆に余計な手を加えると成果が落ちる…)

リスティング広告の予算が月額200万円だとすると、代理店に払う手数料は20%の約40万円ほど。

『代理店の手数料でインハウス担当者を採用しよう』と考える企業が増えるのも、時代の流れなのかなと感じます。

とはいえまぁ、そう簡単にリスティング広告のインハウス担当者は見つからないので、インハウス化もなかなか難しいんですけどね。

あとフリーランスの方も20%を占めていて、これも『意外と多いなぁ』という印象です。

「働き方改革」ですね。

アンケート2:リスティング広告の運用歴は?

別のTwitterアカウントを使って、リスティング広告の運用歴についてアンケートを取ってみました。

リスティング広告の運用業務に何年ほど携わっています(いました)でしょうか?

1:1年未満
2:1年以上~3年未満
3:3年以上~5年未満
4:5年以上

私は今でも「SEM業界は離職率が高い」という印象を持っています。

代理店時代の同僚で今でもリスティング広告の運用の仕事をしてるのは、2割ぐらいしかいないです。

みんな、リスティング広告以外のデジタルマーケの仕事や、総合代理店に転職しちゃいました。

リスティング広告運用の話ができる人が少なくなってしまって寂しい!

アンケート結果はコチラ↓

なんと「5年以上」が最も多い結果でした。

なかなか嬉しい結果です!

『ワシは「オーバーチュア」のころから運用している!』っていう方も多いんでしょね。

2~3年後には『俺は「アドワーズ」のころから運用している!』って言葉も飛び交うようになるんでしょね。

アンケート3:リスティング広告運用者の担当案件数は?

個人的にとても気になっていた、リスティング広告運用者1人あたりの担当案件数について、アンケートを取ってみました。

現在、担当されている案件数はどれぐらいでしょうか?

1:5件以下
2:10件以下
3:20件以下
4:21件以上

私の代理店時代の案件数は、「夏限定セール」や「テレビCM連動キャンペーン」など、短期のスポット案件を担当することが多く月平均で40件ぐらい。

今のフリーランスでの案件数は、運用したい案件を絞っているので片手で数えられるぐらいの件数。

『今はちょっと案件数が少ないなかなぁ。でも10件以上は疲れちゃうなぁ。』という、フリーランス特有の悩み(甘え)ですね。

アンケート結果はコチラ↓

「5件以下」と「21件以上」が共に29%という”二極化”の結果でした。

「5件以下」「10件以下」を合わせると52%となり、約半分の人は10件以下の案件数に抑えられている状況です。

広告代理店での過労死事件が起きてから、リスティング広告運用者の労務時間を抑えるために、案件数を絞る代理店が増えてきた印象です。

ただ「21件以上」も29%という結果でした。

私の知り合いのフリーランスの人にも『30件運用してる』という人もいましたので、代理店にしろフリーランスにしろ「案件数を絞って運用する」と「とにかく多くの案件数を運用する」の二極化が進みそうです。

個人的には、代理店だと「営業」「運用」「入稿」「レポート作成」が分業化されているケースが多いですが、それでも「10件以上の案件を担当するのは大変だよな」と思います。

もう20件以上の案件を運用する自信は無いっス。

スポンサーリンク

まとめ

こんな感じでTwitterのアンケートは軽いノリで実施できることが魅力です。

Twitter特有の「ゆるいつながり」を作るのに、活用してみてください。

この記事を書いた人
SEMパフェの人

ひっそりとリスティング広告の仕事をしているフリーランス。「リスティング広告 フリーランス」で検索すると、だいたい上の方に出てきます。SEMよりもパフェが好き。パフェよりも酒が好き。酒よりも猫が好き。

SEMパフェの人をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
SEMパフェの人をフォローする
SEMパフェ